マーケティングについて、リサーチと結果の確認編

マーケティングについてリサーチと結果の確認をしよう

これまで数回に分けて検索からSNSの使い方、そして広告の種類などを説明してきましたが、なぜ、こうした事が必要なのかを説明をさせていただきます。

基本としては広告などの運用はコストがかかるので、実際には個人で運用すると言ったケースは少ないと言えます。

検索やSNSを使った商材のPRをマーケティングの領域で言えばプロモーションと言います。

プロモーションをしなければ売れるものも売れませんし、売れないモノを売るためには余計にプロモーションが必要です。

世で、過剰にプロモーションを行われているサプリやダイエット関連の商材などは大抵過剰プロモーションが必要な商材と言えます。

よく、制作のおいて、プロモーションを抜きにしていい物を作ったが誰も使わないといった商品やサービスというものがたくさんありました。

ですから、ベンチャー企業のサービスでもまず、プロモーションを第一に作り込みをそこから行っていく事になります。

アニメ作品などではどうなのか?

アニメでも下手をすれば、その作品の制作費用のうち半分がプロモーション費用だったりします。

これは、露出をして多くの人の目に触れ、手にとって貰うチャンスを増やす事が必要ということ。

情報を小出しにして行き雑誌に掲載をしたり、キャスト発表など多くのメディアで取り上げて貰い、人の認知と期待を高めて行き、放送をしてその放送をしていく課程でも認知度を上げるために、様々な情報や解説、雑誌などやメディア・ラジオ・動画メディアでの露出をして放送への補完導線を増やして行くと言ったプロモーション活動は絶え間なく行われており、コレがうまく行われない作品は埋没をしてしまうし、うまくいかないといったケースもあります。

このプロモーションも、効率化は必要ですし、どのメディアでどういったPRをするのか?

なにをフックにするのか?

それによってどういった層を集めたいのか?

といった目的別のPRをして、集客をしていく事になります。

よく、作品を出しても同じ人にしか見て貰えないといったケースもありますが、これは常にそうした人たちにしかPR出来ていないと言う事。

作品の質や傾向にもよりますが、より広く、より多くの人にPRをするためには何をする必要があるのか?という事をとらえる事が重要です。

いい物を作れば売れるなんてのは大嘘でいい商品でも売れていない商材の方が実は多いのです。

作品も同じでプロモーションを行わなくては、見て貰う事も手にとって貰う事も出来ません。

そうした意味では単にプロモーションを行うとしても、効率とその商材に近い属性の人へアピールをした方が、手にとって貰うチャンスや、見て貰うチャンスは増えます。

このプロモーションを成功させるために必要なのが、リサーチとその結果の検証が必要になって来ます。

このリサーチという面で役立つのがWebサイトとなってきます。

サイトを見ている人の傾向データというのは検索エンジンから取得できますので、どの層がその作品や商材に興味を持っているのかを認識出来ますし、その傾向を把握した上で情報を出していく事が大切になってきます。

例えば女性にヒットしやすいキャラクターなのか?作品なのか?

といった事も傾向でわかってきますし、そうしたデータをより広範に集めるためには多くの人にWebサイトを見て貰い、そのデータから最適化したターゲットを定めて、そうした人にPR出来る動画や、メディアのコンテンツを作り込んでいく事が必要になります。

ここで間違ってしまうのは、例えば、Webメディアで商材を紹介しているページがよく見られていると言う事で商材を紹介しているページが高いニーズがあると勘違いをしてしまう事があります。

そうではなく、対象となっている人がどういった経路で、そのページにたどりついているのか?を把握して何を持ってその商材を見たのか?と言う事をキーワードや流入経路から把握して、商材自信ではなくそのページで紹介している商材の作品に興味があるのかしれませんし、商材の種別かもしれません。

このようにターゲットのユーザーの事を理解しようとすることがプロモーションの根幹であり、マーケティングの基本となります。

マーケティングは、商品・サービスを売る手段なわけで、そうした情報をどうやって提供していくのかを把握するためのデータとなります。

データを集約して大きなデータ化をしたものがビックデータ

昨今は、こうしたデータを活用したり、さらには外部のデータと結合してさらに最適化を行い、ビックデータと言った形にしてより多くのデータ領域からの角度の高いデータを作る事も可能ですし、ニッチであればあるほど、このデータリサーチというものは大切になってきます。

コエカレでは、商材としては学習教材をユーザーに対して販売をすると言うプラットフォームになりますので、プロットフォームの責任としてこうした傾向のデータを解析をしてプロモーションも行っていく事になります。

ですから、販売しているお支払いから手数料を頂戴する事になりますし、プロモーションの含蓄を提供していく事もプラットフォームの責務となります。

さて、次回は、さらにマーケティングやプロモーションといった時のユースケースも交えて何をどうすればいいのかと言う事も踏まえて記事を寄稿したいと思っています。

ログイン

X