マーケティングとはなんなのか?検索エンジン編

マーケティングとは何なのか?

昨今、マーケティングというのはなんだか人の行動を知り、理解してその人にマッチした情報を適切な形で届けるという本来の役目から外れてしまっているように思います。

元来、マーケティングとは単純に訳してしまえば市場調査と言う事になりますが、現在ではこの中に広告活動から口コミから販売に至るメディア活動、動画プロモーションといった具合に市場へ対するアプローチの方法論も含まれるようになっています。

GoogleやYahoo、Facebook、Twitterに代表されるよなネット企業も既にマーケティング活動の草刈り場であってそれぞれの利用方法に合わせたマーケティングツールが提供されています。

マーケティングとはつまるところ、前述した通り利用者に合わせて必要な情報を必要な形に合わせて、適切な形で届けると言う事にはなるのですが、それぞれの場所での活用方法を紹介していきます。

検索エンジン

Google・Yahooといった検索エンジンでキーワードを入力して情報を得るためのサービスで、そのサービスを維持するために様々な加工されたニュースを提供していきます。

Yahooは日本のみで生き延びている検索サービスとも言え、その検索エンジンは多少は加工されていますが現在ではその中身はGoogleのエンジンがになっています。

検索エンジンには、他にMicrosoftが提供するBingなどもあります。

BingはFacebookの検索に活用されています。

ただ、この辺りはさほど使っている人は意識しないでしょうし、スマホなどではほとんどGoogleの一人勝ちになっている様相でもあります。

検索とは、そもそもが、特定のキーワードを入力して自分の知りたい事を記したWebサイトにたどり着くための経路=道とも言いますが、日常の道にもたくさんの広告が掲載されているように、検索エンジンの結果も道である以上、そこにはキーワードに合わせた広告が掲載されるようになっています。

このキーワードに対してWebサイトを最適化するテクニックをSEOといいます。

SEOとは?

よく、こうした検索結果はSEO(サアーチ・エンジン・オプテマイゼーション=検索エンジン最適化)といった技術によって恣意的に改ざんされたような印象を持つ発言などもありますが、あくまでも最適化なので、検索エンジンに好まれる形式で記事などを提供している事をテクニックとしてサイト内に実施しているだけなので、この技術=テクニックが悪というわけではありません。

マーケティングとは何か?

このように「声優」というキーワードを入力した場合に以下の広告という記事が表示されます。

この記事自体はいつも表示されるわけではなく、ここに表示するために、広告費用を支払って掲載をしているわけです。

検索結果は、常時掲載順位の入れ替えや、コンテンツの拡充といった方法や他のサービスやサイトからの評価と言った方法まで様々な要素によって順位付けがされています。

そして、Googleもただ作ったエンジンを提供しているわけではなく、人々の生活に合わせて検索結果の整合性を高める努力を続けています。

また、来年のどこかのタイミングでスマートフォンの結果が優先され、PCからの検索結果と優先順位を入れ替えると言った対応も発表されています。

これは、PCの検索よりもモバイルでの検索の利用が急増大して、それだけ、スマホの利用者が増えた結果と言えるでしょう。

元々、日本の携帯電話もインターネットには接続していましたが、現在のスマートフォンとは違い、フルスペックのパソコンと同じような検索結果の表示にはなっていませんでした。

それがスマートフォンの登場でPCと同じ結果を閲覧出来るようになり、且つ、技術的発展でWEBサイトはスマートフォンとPCサイトを共用できるようにもなってきました。

だから、接触率の高い検索結果への広告は効果的ではあるし、認知度を高めるという意味も考えると街の電柱に貼ってある企業広告や電車内の中吊り広告から手すりや壁面、電光掲示板とありとあらゆるところに広告は掲載されておりその効果は実証されているといえるでしょう。

さらには、そこに置いても売れないだろ?と言う場所に商材や看板を設置している場合も、潜在的な認識に訴えるようにして広告をしているケースもあります。

つまり、自分の狙いや求める効果に応じて適切な場所に、そこで提供できる形に加工した最適化された広告というモノは既に日常にあふれておりリアルな生活の中でも同じように広告は展開されているわけだし、ネットでもそういった意味で同じように広告を掲載しているわけです。

ここには検索結果に表示する事で、認知をして貰いサービスを使って貰うと言う、第一接触としての効果を狙ったモノで、いわば、企業やサービスのイメージを提示すると言う技術です。

ちょっと長くなったので、各項目にわけて説明をした方がいいかなと思うので、分けて説明をしていきます。

次回は、検索エンジンについてもう少し説明をするのと、どういったコンテンツを作ればいいのか?といった事を紹介します。

2016年12月19日

ログイン