コーチングを活用して目標へ導くリード方法

リーディング

コーチングをどう活かすか?という事を図解化して且つ、リーディングというテクニックを使ってさらに目標を達成して貰う事の出来る方法をお伝えします。

まず、コーチングを目標までをリスト化すると

目標までの道のり一覧

  • 観察する
  • 信頼関係を築く
  • 話を傾聴する
  • 明確になっていない情報を引き出す
  • 価値観を変える
  • 思い込みによる制限をゆるめる
  • 問いかける
  • ポジティブな状況に誘導する
  • 気づきを発見
  • 行動を促す

コーチングにおけるゴールまでの道のり

右はコレまで説明してきたページングを図解化したもので左はリーディングというテクニックを使った方法です。

リーディングとは?

リーディングとは、対象となる相手を導くという事でリーディングと言われています。

このリーディングを行う前提条件としてページングを相手に行っており信頼関係を築き上げている状態が必要となります。

そのためにはページングの最終段階である聞くことと、質問を反復して行い、相手のタイプに合わせて信頼関係を構築して相手との融合を果たします。

信頼からリードするためには?

相手との信頼関係を構築する方法はページングを活用する事で実現出来るわけです。

タイプに合わせて信頼を築くいて相手の事を誘導し・気づきを得てもらい行動に移すことで、その先にある目的を果たすことが大切です。

ベストなのは相手との利害が一致させることが出来れば、学習の環境でも講師と学生という間柄ではいずれかが譲歩しなければならない場面がほとんどとなります。ほとんどの場合は知識や経験の違いから学生が譲歩する事になるでしょう。

だからこそ、講師は自らが学生をリードして主導権を握らなければなりません。

信頼関係の構築からさらに発展させて相手をリードする手法が「リーディング」と呼ばれるテクニックです。

ただ相手の感情やペースに共感するだけでなく、そこから一歩踏み込んでコミュニケーションをリードするために必要なテクニックとなります。

物事を有利に運ぶためにもぜひとも身につけて活用していただければと思います。

リーディングを実践する

信頼からリードへ

相手との信頼関係を構築する方法はさまざまです。人によっては会話が得意な方もいれば笑顔が素敵な方、あるいは身振り手振りで場の雰囲気をコントロールすることに長けている人もいるでしょう。結果的に相手との信頼関係を構築し、その先にある目的を果たすことが大切です。

ベストなのはお互いの利害が合致することですが、ビジネスの現場ではいずれかが譲歩しなければならない場面がほとんど。だからこそ、自らが相手をリードして主導権を握らなければなりません。

信頼関係の構築からさらに発展して相手をリードする手法が「リーディング」と呼ばれるものです。ただ単に相手の感情やペースに同調するだけでなく、そこから一歩踏み込んでコミュニケーションをリードするために必要なテクニックとなります。

物事を有利に運ぶためにぜひとも身につけておきましょう。

リーディングの実践方法

リーディングを行う場合には、いくつかのステップを意識的に踏んでいくことが大切です。

ページングを活用して構築出来た信頼関係を活用して、コミュニケーションを深める課程で、徐々に自分のペースへと誘うことが可能となります。

ただし、実践する際には以下のようにより具体的な手法を頭に描きながら行いましょう。

1.目標(目的)を再確認する

まず最初に、最終的な目標を確認しておきます。

よくあるミスとしては、コミュニケーションの主導権を握ることに終始してしまって、最終的な目標を達成出来ない場合が往々にしてあります。ですから、相手の目標を達成して貰うと言う事がコーチングの基本ですからコミュニケーションのペースを掌握してから必ず相手のためにその目標を達成する事が出来るようにリードしてあげましょう。

信頼の構築もペースの調整も、そのための方法であるということを肝に銘じておきましょう。

2.気づきを相手の中から探り出す

相手の目標を確認したら、その目標を達成するためにはどうすればいいのかを相手から導き出す事が必須になります。
目標を達成するためには様々な技術がありますが、それはコーチングの技術だけではなく学習における技術習得のためのスキルであったり、様々な方法はありますが、それはあくまで手段であって、実際に実践し活用し習得するのは学生ですから、それによってどういった姿になりたいのか?と言った理想をイメージして貰い、そのイメージにどうすればたどり着けるのかを理解して知って貰う事が出来れば目標達成への道が開けるでしょう。

3.相手の会話や行動をリードする

目的を意識することはもちろん、相手の感情の変化にも注意しながら会話の方向性を明確にしていきます。少し強引になっていると感じたら、自制して、相手だけでなく自分もコントロールすることが大切です。
自分をコントロールする事で、相手にも理解して貰い安くなりますし、そうした行動を心が変えれば、ページングの効果で相手は共感によって共鳴行動を取り、同じく自制をして学習を行って目標を達成するための行動を取ってくれる用になります。
こうする事が地道ではありますが、理想像へと近づき目標を達成する事の出来る一番の近道と言えます。

こうした事を実践するためにもページングの効果を最大限に発揮する必要があるので

コミュニケーションにおける4つのタイプ

VAKタイプ分けテストはこちら

この2つのテストを実践する事で相手を知る事ができるので実践してみましょう。

avatar

Warning: Cannot assign an empty string to a string offset in /home/spegasus/koecollege.com/public_html/wp-includes/class.wp-scripts.php on line 454

ログイン

X