コーチングのテクニックを使って目標を立てて達成を目指す

コーチングを学習に役立てる

コーチングって知っていますか?

ビジネスでもスポーツでも目標を達成するために使われている技能で、端的に言ってしまえばその目標を達成するために必要な事を自分の中で設定して貰い、そのために必要な事を本人の努力でやって貰うというアドバイザーのような仕事をコーチと言って、その人たちのアドバイスがコーチングというわけです。

コーチング(coaching)

人材開発の技法でコミュニケーションによって相手の自己実現や目標達成を図るためのテクニックで、人を育てたり、目標達成を促す小丹生にケーションn方法で相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝え、その考えや意見を承認し、そのためにどうすればいいのかを相手に質問することによって、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法がコーチングなのです。

コーチの語源とは?
コーチの語源 = 馬車 です。

コーチの語源は馬車といわれています。

馬車の役割とは、大切な人や大切なものを目的地に送り届けることです。

そうした役割をもって人に対し目標の達成のためにアドバイスや指南をする役目を担う人のことを、「コーチ」と呼ぶようになりました。

コーチングの目的とは?

相手の目標達成に向けて、目の前の課題を解決するだけでなく、課題解決や目標達成を通してコーチングを受ける相手の成長(能力開発)を促し目標に沿った人材に育てるという事も目的としています。

コーチングによる成果・手に入れられるものとは何でしょうか?

コーチングによる成果・手に入れられるもの

  • リーダーシップ
  • チームビルディング
  • モチベーション
  • 部下育成
  • キャリアアップ
  • スキルアップ
  • 自発性の向上
  • マネジメントスタイルの確立
  • 業績の向上

分野

  • 教育
  • コンサルティング
  • 営業
  • 医療
  • スポーツ
  • プロジェクトマネジメント

自身の成長

  • セルフマネジメント
  • コミュニケーション力
  • 強みを生かす
  • プレゼンスの向上
  • タイムマネジメント

とビジネス分野で積極的に使用されているノウハウなので、ピンと来ないかも知れませんが俳優・ナレーション・声優といった仕事でも上記の項目は自分を成長させるためには必須の能力となってきますので、専門家ではないのですが、そのさわりやどのようにコーチングのスキルを身につけていけば良いのかを書かせていただきます。

このコーチングというモノを身につける事で、人に何かを教える時にも大いに活用出来るスキルであるとも言えます。

コーチングの事を知ってからコースを提供する事で「目標達成」に必要な知識、スキル、ツールが何であるかを学生に棚卸しをして貰い、且つ自分自身でもそうした知識を改めて振り返る事が出来るので、コースを学生に向けて個別対応で修得して貰う事の出来る技能であると定義出来ます。

インストラクターとしてコーチテクニックを身につける事で学生(コーチを受ける人)には

新しい事柄に気づく
世の中の事を見る際に視点を増やす
行動の選択肢を増やし考え方も多様化させる
目標達成に必要な事に対しての行動を促進する

といった事を促進させるための効果的なコミュニケーションを作り出します。

ここで重要なのは、インストラクターとして学習を先導したり強制したりするのではなく、学生が主体性を持って目標を実現するところにあります。

2017年1月27日

ログイン

X