コエカレで出来る事を機能の面からご紹介します

サービスとして提供する一番大事な機能の説明

インターネットのeラーニング系のサービスはたくさん生まれており、コンピュータプログラミングの学習サービスやストリートアカデミーのように自分のスキルを活用してカルチャー教室やワークショップを開催出来るサービスなども生まれています。

また、スキルを売ると言う面で見れば、クラウドワークスのWoW!meやココナラなどもある面では学習系サービスという風にいえるかもしれません。

単にスキルを売買する場合は、この場所に来て貰えればこうした技能を教えるカルチャー教室を開催しているので来てくださいといった開催の仕方もあるでしょう。

オンライン(インターネット)からオフラインへ誘導するという方法で、サービス自体はプラットフォームとゲートウェイという形でサービスを提供している事がメインになっているのかなと。

プログラミングならばオンラインで動画や事例のコードを見て学習を進めやすい事が出来るでしょう。

これは、元々、ネットをフル活用するためにはプログラミングが必須で、コードを共有する事で技術を汎用化して広めていこうと言う文化行動が一般化されているからです。

では、演技やナレーションと言った分野はこうしたスキルをネットのみで学ぶ事は出来ないのでしょうか?

そんな事はないと思います。

インターネットを使った学習とは?

インターネットを用いた学習とのは昨今は一般化されています。

サービスの紹介からアプリの使い方などの紹介動画から、キャラ弁の作り方の動画と言ったものも学ぶという事を考えれば、使い方、作り方などはHowTo動画として学ぶ機会は提供されています。

キャラ弁やメイクアップなどのHowTo動画はYoutubeでも人気コンテンツですし、ダイエットなどのアクティビティについても動画で解説しているHowTo動画は当たり前のように公開されています。

しかし、演技・ナレーションと言った分野はネット上で古くからこうしたHow To動画というモノはあまり存在をしていません。

劇団などが公開していたり、インプロと言ったビジネスライクにスキルを表した場合は、事例としてYoutubeなどにアップされていたりもしますが、その内容はさわりだけであったり、ただ単にアップされているだけで、何を学ぶ事ができ、どんなメリットがあるのかを提示していないモノがほとんどと言えるのではないでしょうか?

これは、ネットの悪癖で、Blogなどもそうですが、動画をアップしたり文字化する事で情報を発信した気になると言う面があります。

しかし、この情報というモノは発信するよりも受け取る側の知識が問題となってきます。

Youtubeの様なポータルやSNS・YahooやGoogleの検索から受取手が情報を取捨選択するといった事が必要となります。

検索から目的の情報を探すためには、必要な情報を提供しているサイトなどがあるのか?情報は古くなっていないのか?といった問題や整理されていたり、まとめられているのか?といった過不足を判断する必要があるので数々の問題が絡んできます。

しかし、KoeCollegeでは講師(インストラクター)の提供するコースに加入して学生は必要なスキル修得のために整理されたノウハウを解説して貰う事が出来ます。コースの内容は必要な情報をまとめられており、整理して体系的に解説をしているので理解しやすい情報として提供される事になります。

※情報の整理、解説は講師(インストラクター)の能力にも所以するので、理解しやすいと言った内容かは一概には言えません。コレは受講する学生が講師(インストラクター)の情報を解釈出来るだけの知識があるのか?取ったことに由来するからです。

つまり、動画を探す盆雑さや、テキストによる解説、なぜ、そうした事を学ぶ必要があるのか?と言った学習に必要とされる情報をまとめることが出来ると言うのが一番のメリットであり、重要な機能といえるのではないでしょうか。

KoeCollegeの一番の目玉機能は、氾濫した情報がコース別に整理され、自分のレベルに応じて理解しやすい情報としてコースが提供されていると言う事ですし、コースでは講師に質問をする事が可能ですから、ただ単に与えられるだけではなく、疑問・質問を解消して納得のいく学習を推進する事が出来ます。

また、オンラインとオフラインを両方をコースで提供する事もできるので、オンラインで解説をして、実施する段階になった場合に直接指導を受ける事でレベルアップする事が出来るといった機会も提供される事が考えられます。

単に、インターネットのみの受講・実際の講座・教室への誘導ではなくKoeCollegeというサービスは、ネットの良いところ、便利なところを併せてより深い学習機会を提供する事が出来るサービスとなっています。

詳細な機能の説明は豊富な機能があるので、ひとつひとつ解説を追加していくので楽しみにしていただければと思います。

2016年11月18日
avatar

ログイン

X