なぜ、学習にコーチングが必要なのか?

はじめに – なぜ、学習にコーチングが必要なのか?

コーチングはそもそも、著名な学者が作り出した法則でもなければ、何か特別に新しい技術が必要で突拍子もない考えなどを持ってきてそれを人に伝えると言った事が必要な技術ではありません。

もともと、人に備わっている技術で、人の力を自然にうまく引き出せるようにしたり、そうした技法をコミュニケーションに応用したり、うまくいっているビジネス上のチームや組織と言った集団において円滑なコミュニケーションを図るために体系化された技能として普及してきました。

日本国内でも、企業などが積極的に人材査定や人事考課などの基準や社内のコミュニケーションなどの普及と言った目的のために導入されてきて、また、そうした事を指導するコーチング技能の指導者であるコーチと言った活動を積極的に行う人たちが現れ、コーチになるためのトレーニングプログラムなど体系化された学習が提供されるようになった事で、さらにその普及が促進されました。

企業のマネジメント層やビジネスパーソン、教育機関、医療機関、士業といった専門職など、様々な人たちがそのバックグラウンドを学び、様々なシーンで活用されるよになっています。

スポーツでも活用され、サッカーなどの世界に通用する人材育成と言った面からメンタルケアの一環として小さな頃から、どういった目標を持って身体作りを行い、技術を習得して何歳までに何を実現すると言ったビジョンを提供する事で、世界に羽ばたいていった選手など多くの成功と成果を提供しています。

コーチングを受ける事で得る事が出来る効果効能

  1. ビジョンの明確化
  2. フィードバックの受容
  3. 新しいアプローチへの挑戦
  4. 反応ではなく、より客観性のある対応
  5. 自己認識の向上
  6. チームでの目標達成の明確化
  7. 主体性の向上
  8. より素早い目標達成

先日もお伝えしていますが、インストラクター(講師)としてコーチングの基礎を知っておくことでコースで受講する学生がより学習効果を高めることが可能になります。

  • 学生は自分で新しい気づきを得る事が出来ます。
  • 学生は自分の中での考えにおいてその視点を増やす事が出来ます。
  • 学生は考え方や行動の選択肢を増やします。
  • 学生はコースの学習目標達成に必要な行動を積極的に起こします。

少なくとも、上記のように学生は、受動的ではなく、能動的により高い学習効果を得ることが出来るようになります。

このように積極性を持った学習を提供する事で、満足度を高める事ができますし少なくとも一方通行ではなく、双方向でアイデアを出し合って、その学習内容を自分の糧とできるので、その行動を実現化するために、いつも同じ事を惰性で続ける事ではなく、「新しい行動」を起こして貰い安くなります。

つまり、継続して学習をしつつ、さらに学習の深掘りをしていく事を実践して貰い安くなるのです。

学習というコンテンツは、常に、学生側の学習進度との戦いです。

また、単に学習を進めればいいと言うわけではなく、

修得しているのか?

理解しているのか?

といった用に学生が新しい行動を起こしていくためのアイデアを出すプロセスをコミュニケーションの中で提供する事も出来るようになります。

学生の行動内容とその学習の持続を実現して、自分で考え、答えを自分で見つけ出すというプロセスを通じて、人は初めて自分でその学んだ価値を実感出来ると言え、さらにそうした体験をした学生は行動を主体的に行うようになるでしょう。

このように学生のために提供するコースで、何を得て、何を修得するかはコース自体の質にかかっているとも言えます。

学校という形になってしまうとどうしても教師と学生と言った上限関係になってしまいがちですが、コーチングなどを活用すれば、その関係性を徒弟関係のようにより親密な関係へと成就する事も可能でしょう。

つまり、学習にきちんと心を込めて伝える技術でもあるので、単に手取足取りと言った丁寧な教授するスタイル以上に良好な関係を築くチャンスとも言えます。

2017年1月30日

ログイン

X